So-net無料ブログ作成
九州編その3! ブログトップ
前の10件 | -

行橋~下関(長府) 国際救助隊現る [九州編その3!]

2011年5月28日 土曜日 566日目

DSCF3489.JPG

雨は一晩中降っていたが、橋の下のいいところにテントを設置してたのでセーフ。

DSCF3485.JPGDSCF3486.JPGDSCF3487.JPGDSCF3488.JPG

カモたちも雨宿り。ちょっと近づいてみたが3mまでが限界で逃げていく。

ユメタウンの営業開始にあわせて撤収し、10時にフードコートで国際救助隊?下関ウォーカーさんを待ち、程なく合流できた。少し苦労して車に流星号と荷物を積み込み、雨の中出発。

DSCF3491.JPG

くるまってはええなあ~。高速道路をビャンビャン走ってあっという間に門司に近づく。

DSCF3492.JPGDSCF3493.JPG

門司のサービスエリアで休憩してから、いよいよ関門海峡を渡り九州とお別れである。

ほぼ一年かけて旅してきた九州が、やっと終わることでホッとする反面、ちょっと寂しい感じがする。

DSCF3494.JPG

沖縄、奄美、徳之島も含め、九州は全般に自然がダイナミックであり、人も優しくいろいろ助けられた。感謝。またいつか戻ってくるだろう。サラバ九州。

DSCF3495.JPG

ちょうどお昼になったので、関門海峡の見えるレストランで食事。

DSCF3497.JPGDSCF3499.JPG

うお~!刺身ウマ~!安売りスーパーの刺身とはものが違うなぁ。ごちそうになってから、下関ウォーカーさんのお宅におじゃまさせていただく。近づいてくる台風からも避難できて、ひとまず安心である。

DSCF3500.JPG

もう外は雨やし、他にすることもないので明るいうちから飲酒開始~。あ~、昼間の酒はうまいな~。

DSCF3501.JPG

でっかいテレビもある。久しぶりに見るなあ。しかも地デジやで~。

DSCF3502.JPG

それからDVDで、チルソクの夏って映画を見た。下関が舞台の物語で、今いる場所の風景が映されている。

そんなこんなで夜は更け、焼酎も大半飲んでしまい2時頃にバッタンキュー之助である。

走行 500メートル(橋の下→ユメタウン) 出費 200円 (朝マック)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

宇佐~行橋 いよいよ九州の旅完結か~~ [九州編その3!]

2011年5月27日 金曜日 565日目

雨は何とか上がる。風あり、曇り空。6時過ぎに起きてしまったので早めに撤収して8時前に出発。

雨は小康状態やけど、どこまで行けるかわからん。とにかく門司にできるだけ近づきたい。

DSCF3475.JPGDSCF3478.JPG

国道10号から213に進み、右手に別府のコインランドリー人生相談さんからメールで連絡のあった唐揚げやさんの前を通る。美味しいと評判のふじやさん。しかしまだ9時過ぎで、営業前のため食べられなかった。残念。次回に持ち越し。

DSCF3479.JPGDSCF3480.JPG

10時過ぎに山国川を越えて福岡県に突入。ああナツかしって感じの福岡である。

DSCF3481.JPGDSCF3482.JPG

郵便局でお金おろして中津を通り抜け、行橋市に入る。そろそろ雨が降り出しそうでやばい。

DSCF3483.JPGDSCF3484.JPG

おっとジブラルタ生命発見。

結局ユメタウンのそばの河川敷橋の下に潜り込んで雨を避ける。ヨッシーブログのスーパーコメンテーターの一人、下関ウォーカーさんから「いまどこ?」メールが入る。

台風が迫っているから心配してくださってる。明日は土曜日で休みだから行橋まで迎えに来てくれることになった。ネ申!!

風はあまりないが雨は結構な勢いで降り続く。

走行 55キロ 出費 1618円 (バーガー、唐揚げ、米、バナナ、おにぎり、ジュース、コーラ、発泡酒)
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

宇佐で雨宿り くるのかたいふう~ [九州編その3!]

2011年5月26日 木曜日 564日目

台風2号が近づいてきている。今年は台風の当たり年になるのか?1号の時は犬飼でやりすごしたが、今回はどうなるのか。

DSCF3468.JPG

この雨も台風がらみやろか。テントで雨宿りしながらブログ更新など。

DSCF3469.JPG

5時前にテントをでて、歩きで買い出しに行く。

DSCF3470.JPG

まずはドコモショップで充電を頼んでおき、隣のレンタルブック屋で立ち読みする。あずみが全巻そろっているのでガンガン読み飛ばし、2時間かけて48巻まで完読した。お疲れさん。

DSCF3471.JPG

ドコモは7時で閉店なので携帯を受け取り、すぐさま向かいのトライアルで半額ものを漁る。

DSCF3472.JPG

どっぷり日が暮れてご帰宅。ここは市役所の職員駐車場にもなっている。5時3分くらいには皆さん仕事を終えて帰宅される。

DSCF3473.JPG

半額弁当&半額カツオタタキ。

走行 0キロ 出費 999円 (刺身、弁当、インスタントラーメン、発泡酒)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

粟島公園~宇佐 国宝級の~~! [九州編その3!]

2011年5月25日 水曜日 563日目

思った通り静かで快適な宿泊でした。

朝の海を見に展望台に上がって写真を撮り、ラジオビタミンに投稿しておいた。その写真はコレ。

PH_72.jpg

8時半に公園をでて、ラジオを聴きながら走っていると、お天気あっちこっちのコーナーでヨッシーの写真が紹介されたぜ!ラジオネームは、「国東のヨッシー」。行った先々で、あるときは別府のヨッシー。またある時は長崎のヨッシーなのだ。

決まった名前で続けるより、これからあちこちの風景写真を投稿していくので、その土地土地のヨッシーになったほうが面白いから。そのうち聞いてる人も、あれ?これ同じ人じゃないの?って気づくと愉快やろう~。

DSCF3393.JPG

さあ、今日はちょっと山登りである。思いの外走りやすく、このままでは盛り上がりのないうちに国東半島を走破してしまいそうなので、ここいらで内陸部に入ってみようというわけだ。真玉(またま)から、国道をはずれ、半島中央部に向かっていく。

DSCF3394.JPG

県道654で黒土というところまで上がり、そこから市道を通ってまずは川中不動へ行く。

DSCF3395.JPG

なんか白い花がきれいね。

DSCF3396.JPG

ストーンサークルは気になるが、今回はパス。

DSCF3397.JPG

磨崖仏有りの表示でストップ。イノシシよけの柵を手で除けて橋を渡る。

DSCF3398.JPGDSCF3399.JPGDSCF3400.JPGDSCF3401.JPG

予想よりコヂンマリした仏さんだったが、少し磨耗気味になっているところが時代物であることを語っておる。

DSCF3402.JPGDSCF3403.JPGDSCF3404.JPG

天念寺方面やね。

DSCF3405.JPG

岩肌がごつごつの山があり、ダイナミックじゃ。

DSCF3406.JPG

天念寺というのは行者の修行の山やったんやな。無明橋なんておっそろしい高いところにかかっとる。

DSCF3407.JPG

あれを渡るんか?こわ~。

道の駅のおばちゃんに天念寺はどこ?と聞くと、その駐車場の向こうの民家みたいなやつ、と教えてくれた。

DSCF3408.JPGDSCF3409.JPG

うーむ、ざっくばらんな感じ。

DSCF3410.JPGDSCF3411.JPGDSCF3413.JPG

川中不動。まさに川の中。ひねり無し、ぼけ無し、直球一直線である。

DSCF3418.JPGDSCF3414.JPGDSCF3415.JPGDSCF3417.JPG

天念寺となりの藁葺き屋根のお堂では、火を使ったお祭りがあるそうで、お堂にはいるとその模様を伝えるビデオが自動的にスタートして結構ビックリした。

つぎは国宝の富貴寺(ふきじ)だな。なんせ国宝やからな。いっぺんイカンと。

川中不動からいったん坂道を下る。旧道の方が楽に走れると思い、Y字路をすっと左に入る瞬間対抗側から駐在のパトカーが来るのが見えた。

そのまま道を下っていると、さっきのパトカーが後ろから追いついてきた。

「前の自転車止まってください~」

と車のスピーカーで指示される。たぶんさっきY字路に入ったとき、駐在の方からするとパトカーを見て逃げた、みたいに映ったようである。

おおむねこういう時は、捜索願のでている人かどうかを確認するのが巡査の仕事なのだ。

だいたいスピーカーであれこれ指示されるのは腹立つのだ。自動車やバイクなら安全に停車させるために必要かもしれないが、歩行者自転車に対しては横着しないで車を降りて声をかけるのが人として当たり前なんやないか?と思う。そんなわけでヨッシーすでにムッとしているのである。

車から降りてきた巡査は30歳前後くらい。もちろんヨッシーより年下なので、

「なにかね?なんで止めた?」

と尋ねる。

お決まりのパターンで、名前と生年月日をお願いします、と聞くので、松田優作、と名乗り、弟の誕生日を答えておく。ついでに富貴寺までの道を尋ねたら、丁寧に教えてくれた。

DSCF3419.JPG

県道29の合流まで下り、ここから登り返すことになる。ヨッシーの地図読みでは、このコースが一番楽なのだ。

DSCF3420.JPG

29を上がって巡査が教えてくれた工事現場のところから、県道655に乗り換える。

DSCF3421.JPG

ここからが今日一番の登りなのだ。30分ほど自転車を押して峠越え。そこからピューと下れば富貴寺である。

時間は1時15分。予定通りのタイムである。

DSCF3422.JPGDSCF3423.JPGDSCF3424.JPG

拝観料は200円。これはしかたないな。国宝やからな。

DSCF3425.JPGDSCF3426.JPGDSCF3427.JPGDSCF3428.JPGDSCF3430.JPGDSCF3431.JPG

これが国宝の大堂。中は暗くて仏さんもよく見えない。

DSCF3432.JPG

外にでて山の方への小道をたどると、岩の中に仏さんがいた。

DSCF3433.JPG

ピースして拝観終了~。

もうあとは豊後高田まで下る一方である。県道34で高田まで走り、昭和の町並みを再現した商店街を見学。

DSCF3452.JPGDSCF3434.JPGDSCF3435.JPGDSCF3436.JPG

古い車が並んでる。これらはまだ動くんだろうか?いっぺん運転してみたい。

DSCF3437.JPG

昭和の車やさんを再現してある。

DSCF3438.JPG

足踏みミシンもなつかしい。実家にもおばあちゃんの家にもあったなあ。

DSCF3439.JPG

昭和の家も再現。

DSCF3441.JPG

五右衛門風呂。

DSCF3442.JPGDSCF3443.JPG

レコードも試聴できる。

DSCF3444.JPGDSCF3445.JPG

白黒テレビでは、昔のニュース映像がながされ、茶の間にはちゃぶ台と茶碗や箸のセットも置いてある。

DSCF3446.JPG

こんな西洋人形が各家にあったなあ。

DSCF3447.JPG

この柱時計はじいさんの家のに似ている。

DSCF3448.JPG

8ミリフィルム映写機。ヨッシーの大学時代には、まだまだ現役で活躍していた。アメリカンフットボール部のマネージャーだったとき、各他大学の試合をスカウティングにいき、8ミリで撮影して現像してもらっていたのである。しかし3年生頃にそれがビデオカメラに移行されたのを覚えている。

DSCF3450.JPG

由美かおるの看板。いまも美貌を維持しているのはスバラ恐ろしい。

DSCF3451.JPG

教室で居眠りはいけませんよ。

無料のエリアばっかしやったが、それなりに楽しめた。3時過ぎだよ。先を急ごう。

DSCF3453.JPG

国東の最後を飾るのはやっぱりお地蔵さん。

DSCF3454.JPGDSCF3456.JPGDSCF3457.JPG

国道213で宇佐市に突入。なんだか疲れてはいるが、宇佐神宮に参ってみる。

DSCF3459.JPG

お、山頭火の歌碑。575を崩したスタイルは、なんとなくヨッシーも親近感を感じる。またいつかは俳句などひねってみるか。

DSCF3461.JPGDSCF3462.JPG

本殿にやっとたどりつく。広すぎるわ。足痛いのに。

DSCF3463.JPG

案内書きに、下社にも詣でましょうとある。上社は高貴な人用、下社は一般の人用だったと書いてある。身分で分けるのが納得イカン。だから神社やお寺は好かんところもあるのじゃ。

DSCF3464.JPG

国道213で宇佐市内に向かうと、ケーズデンキ発見!去年サンヨーのeneloop充電器を買ったのが、直後に壊れてしまい修理か交換をしてもらいたかったのだ。

サービスカウンターに現れた店員の兄ちゃんは、恐るべしマニュアル男やった。

一週間ほどお預かりします。

と繰り返すばかりで話が進まない。もうええわ、と言って店を出る。

連絡して置いた大森さんから連絡が入り、宇佐で会ってごはんに連れて行ってもらう。

DSCF3465.JPG

天ぷらやさん~~~!

DSCF3466.JPGDSCF3467.JPG

揚げたてを次々に持ってきてくれる。めちゃうまや~。

宿泊は宇佐市役所裏の河川敷。明日は雨の予報なのだが、ここならトライアルもドコモショップも歩いていける範囲である。

走行 61キロ 出費 2381円 (コロッケ、おにぎり、バナナ、かき氷、唐揚げ、たまご、巻きずし、発泡酒、焼酎、富貴寺)
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

杵築~粟島公園 [九州編その3!]

2011年5月24日 火曜日 562日目

予報によれば雨は上がるのだが、霧雨のような細かい雨が降り続き、なかなか撤収&出発できない。

DSCF3365.JPGDSCF3366.JPG

11時になんとか片づけ終わり、出発前にぶんちゃんのテントを訪ねたが、不在やった。

DSCF3367.JPG

キャンプ場の前の道を北に向かい、国道213に入る。

DSCF3369.JPGDSCF3368.JPG

12時頃、大分空港。ちょこっと立ち寄ってから先に進む。国道213はほぼ平坦で、苦もなく走れる。これではあっという間に国東半島を回ってしまうやないか。しかもあんまり見るものはないし。

DSCF3370.JPGDSCF3371.JPG

1時に道の駅くにさき。別府でパンク修理した際、手持ちのミニポンプでしか空気注入してないのでこころなしか後輪タイヤがゆるい。駅で空気入れがないか聞くが無し。となりのサイクリングターミナルでも聞いてみたが無し。それでいいのかサイクリングターミナル。

DSCF3372.JPGDSCF3373.JPG

国東はなんだか麦?の畑が多いな。黄色く穂が実ってきれいである。

DSCF3374.JPG

国東半島のほぼ北側まで回り込んできた。ここから見えるのが姫島。お祭りの日に、キツネのメイクをした子供たちが島を練り歩く?走り回る?ところがテレビコマーシャルで紹介され、見た人もおるやろう。

出会う人に国東に行くというと、ほぼ100%姫島にも行きなさいよ、とアドバイスしてくれる。しかしいまはお祭りでないし、フェリー題がもったいないので軽くスルー。また今度こようね~。

DSCF3375.JPG

道の駅くにみで休憩。

DSCF3376.JPG

午後からは晴れ間ものぞき、気温が上がり気味なのでのどが渇く。

DSCF3377.JPG

国東の北側はトンネルが多くなり、番号が降ってある。いくつあるんやろうか?

DSCF3378.JPG

午後5時。今日の泊まりはこの公園だ。地図に小さく載っていたところに目を付けていたが思いの外好立地である。

DSCF3379.JPG

木製の展望台もあり、夕日が眺められる。

DSCF3380.JPGDSCF3381.JPG

ちょっと登ってみた。

DSCF3382.JPG

売店みたいなのがあるが、お休み?かな。その前の芝生にテント張らせてもらおう。

DSCF3383.JPG

小さなテーブルとイスもあり、そこを独り占め。

DSCF3384.JPG

ここで我が冷庫蔵に破損個所発見!ヒビが入っている~。

DSCF3385.JPG

裏からはガムテで。

DSCF3386.JPG

表は透明の梱包テープで完璧補修~。

DSCF3387.JPG

宿泊準備完璧~。

DSCF3388.JPG

昨日は缶詰やったから、今日は肉~~。それにしても焼き肉食いたいな~。焼いた肉に飢えてる。

DSCF3389.JPG

夕日を眺めて一日終了~。

走行 55キロ 出費 953円 (キャベツ、鶏肉、とうふ、弁当、夏みかん、発泡酒、焼酎)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

杵築あたりで雨宿り ぶんちゃん [九州編その3!]

2011年5月23日 月曜日 561日目

雨は強く降ったりやんだり。ここは砂地なので水たまりができる心配はまずないからテントは大丈夫。

ラジオ聴いて二度寝。

昼頃外から声がかかる。

「起きてる~?」

顔を出してみると自転車旅だというおじさんが一人でいた。ちょっとお話ししようと誘われ、炊事棟の屋根下で情報交換する。

ぶんちゃんと名乗るこの人は、静岡から日本一周しているリタイヤおじさんであった。三重県のどこやらで、油断した隙に財布の中から15万円持って行かれたとか、長雨を避けるためビジネスホテルで一週間居続け、ずいぶん浪費したとか話してくれた。

まああんたのお金やから好きに使ったらいいけど、そんなら車かバイクで回ったらいいのに。

午後も昼寝。夕方自炊。今日は買い置きのサバ味噌煮の缶詰がメインである。

DSCF3363.JPG

走行 0キロ 出費 0円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

別府~杵築(きつき) 曇りのち曇り也 [九州編その3!]

2011年5月22日 日曜日 560日目

曇り。長らく湯治させてもらった別府を離れ、国東半島を回るのだ。9時にお世話になった上人ヶ浜公園をでる。まずは国道10号線を北にあがる。

暘谷(ようこく)から県道643に移り、日出城(ひじじょう)を見学する。

DSCF3340.JPGDSCF3342.JPG

看板によれば城の真下の海でとれるカレイを、城下ガレイといって珍重されるという。どこかで聞きかじった城下ガレイってのはここだったのね。

DSCF3343.JPG

海底から真水のわき出しているところがあり、そのあたりが良い漁場になっている。

雨が少し降ったりやんだりの天気なので、もうどんどん先に進む。

DSCF3344.JPG

国道へはもどらず、そのまま県道643を通って杵築まですすんだ。ここにも城跡がある。杵築城の真下にスーパーマーケットとドコモショップが並んでいる。なんて好都合な!ドコモで充電を頼んでおいて、まずは杵築城へあがってみる。

まだ昼過ぎなので時間は早いが、明日は雨の予報でもあるし、もしいい公園などがあれば今日はここに泊まってしまおうかとか考えている。

DSCF3345.JPGDSCF3346.JPG

なになに?サンドイッチ型城下町?西洋文化伝搬以前の町並みを表現するのに、サンドイッチって使うな~。もっと言い様を研究せんかい!とか言うがヨッシーは思いつかんが。

DSCF3347.JPG

城にあがってみる。

DSCF3348.JPG

ここは門や天守閣が再建されているのである。

あんがい城ばっかし見て回ってるヨッシーの持論では、レプリカみたいなのを安易に立て直して欲しくない。いまの建築基準で建てんといかんから、コンクリや鉄筋になってしまい風情がないものが多いからな。だったら城跡としてなにも建てずに公開する方が、こちらの想像力で楽しめると思うのだが。

DSCF3349.JPG

なんだかいろんな石塔が集められていて、見ようによっては墓場みたいに映る。

DSCF3350.JPGDSCF3351.JPGDSCF3352.JPG

ほらね。コンクリ鉄筋は味気ない。入場料が必要なので内部はパス。

DSCF3353.JPG

眺めは悪くない。城外の公園に眺めの良い東屋があり、もう今日はここで泊まろうかと逡巡する。

いったん買い物にいってドコモに寄り、進むか泊まるかグ~ンと迷ってから進むことに決定。

DSCF3354.JPGDSCF3355.JPG

ここからは国道213を東に走る。すぐに住吉浜というところからサイクリング道路が始まる。

DSCF3356.JPGDSCF3357.JPG

サイクリングロードって言いながら、これって歩道やん!って感じのトホホなおそ松くん。車道に平行してずっと続いているので、こんなん車道走った方が走りやすいわい!って一人突っ込み。

天気がますます怪しくなってきたので、たまたま見つけた狩宿キャンプ場にテントを張る。営業していないようだが、公衆トイレはあるからええやろ。

DSCF3358.JPGDSCF3359.JPG

海の反対側は別府あたり。

DSCF3360.JPGDSCF3362.JPG

またしてもすき焼き鍋。ほかにメニューが考えつかん~!

夜半から雨降り出す。

走行 40キロ 出費 945円 (おにぎり、カップめん、トマト、もやし、デコポン、とうふ、卵、コーラ、発泡酒)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

とりとり? [九州編その3!]

とりとり、と書いて鳥取。いまは鳥取砂丘の近くまできてまんにゃわ。ここんとこ毎日晴れが続き、もうとにかく北海道に近づくためにひたすら走り続けておるため、ブログが更新されんですまんスマン済まん。もうちょっと待っとくれ。明日あたり雨やから書けると思うよ~。
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:moblog

別府~大分市内~別府 JJ&あさひ [九州編その3!]

2011年5月21日 土曜日 559日目

晴れ。朝起きたらいつのまにやってきたのか、自転車旅と思われる誰かのテントが芝生の反対側に立っている。

話に行ったら若いお兄ちゃんで、JJと呼ばれているんだとか。長野県からスタートして、これから鹿児島まで行ってフェリーで沖縄に渡るコースで日本一周中である。昨夜人から聞いた無料の露天風呂を探して暗い中を、別府の山の中まで登ったがついに見つけられず、海岸まで降りてきたらこの公園を見つけたんだとか。

彼のこれからのコースは、すでにヨッシーが走ったところも含まれるので色々情報交換した。

先日来赤い流星号の後輪部分あたりから異音がするのだ。ペダルを止めて惰性で走っていると、カタンカタンと同じリズムで音と振動が伝わってくるようになった。

宮崎のプカプカさんに電話して相談したら、ハブがおかしいのかもと教えてもらい、情報網を駆使して亀川という別府の温泉地の方に自転車屋があることを調べてくれた。

9時過ぎに公園を出て、亀川にGO!上人ヶ浜からはすぐ近いので、10時前に自転車店到着。しかしご主人はお出かけ中だったので、近くのスーパーに買い物に行く。

DSCF3329.JPGDSCF3328.JPGDSCF3330.JPG

そしたら発見した外湯。名前を筋湯という。ここは料金箱の替わりに賽銭箱があり、寸志で入浴できるのだ。

DSCF3331.JPG

もちろんこんな時間なのでヨッシーの貸し切り。

DSCF3334.JPG

お約束の入浴シーン。スマンノオ~。

お湯は例によって熱くてキ○タマが煮えるがごとくである。煮えたら困るのでそこそこにしておく。

自転車店に戻り、店主のおっちゃんに相談するが、要領を得ない。どうやら直す自信がないようである。腰が引けてる感じ。

「別府は坂が多いから自転車がうれないんだわ」

と、逆に愚痴を聞くようなかたちに。大分市内に行けば自転車店は多いよ、とアドバイスされお店を出る。

う~ん、やっぱり大分市内まで戻るか~。プカプカさんから、市内にはスポーツデポもあると聞いていたからなんとかなるやろう。

DSCF3335.JPG

国道10号を南に戻り、大分市内まで約15キロ。坂道もないからここまでは楽勝である。鳴門うどんを見つけ、腹を作っておく。

DSCF3336.JPG

かけうどんトリプル。294円也。じつはトリプルの手前に2.5玉ってのも注文できるのだが、そんな中途半端な注文の仕方はしない!男は気合いでトリプルなのだ。

腹ができたら国道10号から国道210号に右折して、わさだタウンをめざす。210から国道442に乗り継ぎ、徐々に登っていく感じ。

DSCF3337.JPG

あとちょっとでスポーツデポってところで、偶然プロショップっぽい自転車店を発見。ダメもとで相談してみることにした。

若い店主はうれしそうに赤い流星を見て、自分も学生時代は自転車部で、毎年北海道を走ったし両親の郷里の沖縄も走ったと教えてくれた。亀川のお店とはずいぶん違う。

しかしこのオールウェイズというお店は開店してまだ2ヶ月であり、ハブの部品の在庫がそろっていないので、分解してから部品がありませんでした、では申し訳ないからほかの店を紹介します、と言ってくれた。赤い流星はサイクルベースあさひのネットショップで購入したので、フレームにあさひのシールが張ってある。この店主、独立前はあさひで働いていたそうなので、新しくできた大分の自転車あさひまでの地図をプリントアウトしてくれて、お店に電話して部品の確認もしてくれた。ありがたいなあ。

お礼を言って別れ、スポーツデポ目前でUターンして市内にもどる。

戻る途中、国道10号線を横切るところで偶然JJと再会。不思議な縁である。

さて、テレビ番組のカンブリア宮殿に、あさひの社長が出演していたのを視たことがある。急成長しているこの会社の秘密に迫っていたわけだが、その一つに修理&メンテナンスの質の向上と料金の明文化があげられていた。店舗には自転車整備士の資格を持つものを配置し、こういう修理には工賃がこれだけかかります、と掲示されている。

いままでの旅の中でも何回か各地域のあさひを利用させてもらったが、修理が手早いのと料金が安いので助かっている。

大分市内のあさひに持ち込み、後ろのハブのあたりから音がする、と告げたらすぐに分解にかかった。別府の自転車店と大違いなのだ。

ヨッシーの予想では、ハブのベアリングの不具合かな?と思っていたが、原因はそこではなかった。

いろいろ手を尽くして調べた結果、フリーという部品が音を出していることが判明。ペダルを止める位置で、音が出たりでなかったりする。さすがにこの部品は在庫がないし、取り寄せると3~4日かかるのでここでは直せない。しかし原因がはっきりしたことと、音がするだけでまだ完全に壊れるところまでは行っていないので、今後どこかのタイミングで交換することとする。

ハブのグリスアップ、スポークが1本折れていたので交換、振れ止めの調整までやってもらったのに、料金は振れ止め調整だけの2100円にしてくれた。

ビバ!自転車あさひ!

午後4時になってるが、市内に泊まるより別府に戻り、明日はそのまま国東半島に出発できる体制にすること決める。

調子よく国道10号を走り別府に戻る。別府手前で速度取り締まりをしているところに遭遇。

「よーしっ!」

とデカい声を出してから力一杯ペダルを踏んだ。レーダーの前を、

「どや~っ!」

と叫びながら通過したが、測ってくれなかったようで止められなかった。残念

そのままの勢いで日の出湯に走り込む。ここは10号線沿いにあるのだ。

温泉の壁に赤い流星を立てかけて、入浴の準備をしていると、なんだか「シュー」と音がする。

DSCF3338.JPG

後ろのタイヤぺっちゃんこ~。旅に出て2回目のパンクなのだ。風呂に入る前で良かった。すぐに荷物をおろして後輪を取り外し、パンクしているところを探す。すぐにチューブの穴は見つかったが、その反対側のタイヤ内側あたりを見ても異物はない。

それを見つけておかないと、チューブを入れ替えてもまたすぐパンクするのだ。

相当かなりの時間をかけて確認したが見つからないので、恐る恐る新品チューブをセットして空気を入れた。

入浴後確認したがパンクはしていない。うまいこといったのか?上人ヶ浜まで戻り、テント泊。別府最後の夜なのだ。

走行 61キロ 出費 3255円 (オレンジジュース、すし、弁当、発泡酒、鳴門うどん、修理費、温泉)
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

別府っぷ コインランドリーで人生相談! [九州編その3!]

2011年5月20日 金曜日 558日目

晴れ。爽やかな5月の朝である。もうちょっとしたら梅雨が始まり、夏がくるとこんな爽やかさは吹き飛んでしまうやろう。今のうち楽しんどかな~。

8時45分にテント撤収してまた駅前まで行ってみる。テレビの番組ではまだ早希ちゃんは長崎を旅しているが、ロケは次の大分県に来ているはずである。しかも大分と言えば別府は外せんやろ、と勝手に予想しているだけなのだ。しかし今日も空振り。

駅近くの亀の井ホテルにランチバイキングがあるみたい。しかも780円だとか。よっしゃ~今日のランチは食うぞ~。しかしその前に洗濯せんと。

DSCF3315.JPG

これも駅そばでたまたま見つけたコインランドリー。

DSCF3316.JPG

しかも一番小さいセンタッキは200円と安い。

ここにはマッサージチェアも置いてある。横になって目を閉じていたら、女性が2人入ってこられて洗濯を始めた。そのうちのお一人が、ヨッシーの人生相談の幟旗を見て声をかけてきてくれた。

高いものではないが、おしゃれに気を使っている佇まいはちょっと都会的である。

いきなり、「私って独身に見えますか?」、と聞かれ、もちろん見えますと正直に言った。

元夫のDVから逃げて、民間の駆け込み寺みたいなところに逗留している身だという。56歳だというが、46歳くらいに見える。一人息子のことなどの相談で、延々とコインランドリーのイスとテーブルで話し続け、気がついたら2時を回っていた。ご友人が細巻きを差し入れてくれた。別府駅の高架下に並んでる総菜屋さんから買ってきてくれたのだ。

DSCF3317.JPG

事情がある人なので名前や写真は出せないが、阿川佐和子似の不思議な魅力の女性であった。

DSCF3319.JPG

昨日の日記にモンベルとのやりとりを書いたが、そのヤリトリは一昨日のことであったことに気づく。っちゅうことは局留めのゆうパックは今日届くはず。いまはネットで荷物の追跡ができるから、局に着いたのを確認してから取りに行った。

DSCF3320.JPGDSCF3321.JPG

替えの本体と交換して、すぐに着払いで送り返した。

DSCF3322.JPG

昼飯が中途半端になったので、5時だけどおなかが空いた。ここはもう鳴門うどんでしょ。

天丼+釜揚げうどんトリプル、500円也。

DSCF3326.JPGDSCF3323.JPG

今日はまだ行ったことがなかった、的ヶ浜温泉へ。5時半過ぎなのにお客がおらず、またしてもヨッシー貸し切り。

DSCF3325.JPG

湯口が雨樋のような造りになってるのがおもしろい。100円也。

また今夜も上人ヶ浜公園泊。送ってきたテント本体を注意深く観察すると、これにも縫製の良くないところが見受けられる。テント個体の不良じゃなくて品質管理に問題あるんじゃない~?

走行 16キロ 出費 1250円 (惣菜、鳴門うどん、発泡酒、コインランドリー、的ヶ浜温泉)
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 九州編その3! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。