So-net無料ブログ作成
検索選択

介助日記 出発準備 [介助日記?]

2011年2月23日 水曜日 472日目

店番などをこなしながら、出発準備をする。最近はやや暖かくなってきたから、冬用に取り替えておいた寝袋を、もとのやつに積み替える。

7時半に店を閉めて、ご飯を食べたあとに2階においてある赤い流星号を、1階の店舗内に運びおろす。

自転車は自転車だけ。バッグはまたそれぞれ一個ずつ運ばんと、重くてイカン。

DSCF0639.JPG

夜中までかかって8割方準備完了。天気予報では明日は雨っぽいのでもしかしたら一日延期するかも。しないかも。

0キロ 出費 0円

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

介助日記? みーさんとたつみ [介助日記?]

2011年2月22日 火曜日 471日目

貯まってた旅?介助?日記をばしばし更新する。出発日までに出来るだけこなしておきたい。

夜、近所のブティックオーナーみーさん夫婦に誘われて、これも近所の居酒屋たつみで晩ご飯する。オカンも含めて4人で呑む。人気の居酒屋なので、すぐに満席になるからみーさんが予約しておいてくれた。

DSCF0628.JPG

土手焼きとぬた和え。

DSCF0629.JPG

軟骨入りつみれ。

DSCF0630.JPG

コーンのかき揚げと野菜天ぷら

DSCF0632.JPG

エビのレンコンはさみ揚げ。

DSCF0633.JPG

毛ガニのむしったの。むしるのはサービスでやってくれる。

他にもいろいろ食べたけど、自分自身も隠れ家的レストランをやっているみーさんが高評価なだけあって、手間をかけて仕込みをやっているのがわかる。冷凍などは一切使っていないな。それでふつうの居酒屋並みの値段やから人気があるのは当たり前か。

10時に食事を終わり、みーさんにカラオケ誘われたけどなんだかぐったり疲れているので失礼した。たぶんスノボの疲れかな?

走行 0キロ 0円

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

介助日記? 帰阪~旅の再出発情報 [介助日記?]

2011年2月21日 月曜日 470日目

午前5時、JR大阪駅桜橋口にバスは到着。すぐにJR神戸線で甲子園口に戻り、実家で朝ご飯を食ってから布団で仮眠する。

気がついたら午後1時を過ぎておる。寝過ぎた。

DSCF0635.JPG

注文しておいた地図、昭文社のツーリングマップル2011中国四国版が届いた。今使ってる九州バージョンは、2009年版なのである。毎年2月が新しい版の発売時期なので、今回は一番新しい情報で旅が出来る。新しいってゆうても、2010年に調査し直した情報で作られた2011年版だから最新てゆうても実は最新ではない。ヨッシーがこれから見ていく情報が最新にゃのだ。

夕方4時からまた店番して晩ご飯食ってテレビ見る。ルーチンな一日に逆戻り。

しか~し!いよいよ自転車旅を再開するときがやってきたのである。今週24日の木曜日に出かけることに心づもりする。

夜の空いた時間で、少し荷物をまとめておく。

そして残念な報告があります。

長らく時間をかけて、少しばかりの費用もかけてきた

ハブダイナモ充電システム

今回はまだ改良の余地があると判断し、赤い流星号に装着せずに出発することにする。次はたぶん、九州を回って中国地区から北海道方面に向かうとき、一度実家に戻ると思うからそのときに改良しましょうね~。

走行 0キロ 出費 1722円 (JR、ツーリングマップル2011中国四国)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

介助日記? スノボな一日~夜行バスで [介助日記?]

2011年2月20日 日曜日 469日目

寝たの遅かったし前日はお疲れモードやったから朝はやっとこさ9時に起きた。

20人くらいが横になれるスペースには、もうだれも寝てる人はいない。ヨッシー!ぶっちぎりで寝坊街道まっしぐらであった。なんぴともヨッシーよりあとに起きることはできない。

じゃあ遅いスタートだからみんなに置いてかれたのか?というとそうでもなく、素早く着替えて準備したらかえってヨッシーの方が早くセッティング出来たくらいやった。もうちょっと寝ててもよかったかな?

DSCF0589.JPGDSCF0590.JPG

バスの周りで三々五々準備する面々。

DSCF0591.JPG

ゴメンナサイしているわけではない。リュウジがストレッチ中。

DSCF0592.JPG

恐羅漢スキー場にはウシのバルーンがある。

DSCF0593.JPG

ウシ。

昨日と同じようにランドアースがリフト券をプレゼントしてくれる。9時間券ってのを買ってくれた。9時間もヨッシーは滑れんと思うが、6時間券と500円しかかわらんから9時間券にしました、と旅の会計係をまかされている新人スタッフ、レイが言う。

DSCF0594.JPG

滑りはじめは午前10時。気温高めで天気がよい。かんかん照りではなく、少しかすんでいるから暑すぎず、いいな。

DSCF0595.JPG

いっちゃん高いところまで上がってみた。筋肉痛で太ももとか痛いからあんまり無理は出来んな。みんなと滑ると足引っ張りそうやから、一人で離れて楽しむ。

種子島ガイドのテツもケンタロウも、以前北海道のニセコで働いていたとき散々スノボとかやってるからビャンビャン滑りよるもんね。

3~4往復してからセンターハウス前に戻ってみたら、レイが黙々と一人練習していた。スキーもしたことないし、今回が全く初めてのスノボやから苦労しとる。ヨッシーが少しティーチャーになってスクールしてあげる。

ヨッシーがまず教えるのは直滑降やっ!スパルタ式なのである。



緩やかなところでまっすぐ滑り降りる練習。スピード感と、滑る感覚を身につければ徐々に怖くなくなるのだ、と思うのだ。レイはあんがいうまいんちゃうかな?怖がってないから早くウマくなりそう。3回くらい直滑降の練習したあと、今度は曲がる練習にすぐ切り替える。

さっきと同じ直滑降の滑り出しから、右や左に曲がって止まるのである。何回か繰り返すと何となく向きは変わるようになってきた。レイも面白くなってきたようで、始めたときより動作がきびきびしてきた。

シゲほかのメンバーが帰ってきて合流。毎回思うが、行き当たりばったり方式のシゲは、集合時間とか場所とか一切事前に決めることはない。そんなんでちゃんと集まってご飯とか一緒に食べれるんやろか?と思うが、それが何とかなるのである。魔法のようにみんな集合した。

DSCF0597.JPG

オソラカン名物、びつくりシリーズがメニューにある。ほんとはびつくりジャンボエビカレー1000円也を食いたかったが、すでに売り切れである。車エビのフライが3匹も乗っているのだ。しかたなく、びつくりジャンボカツカレー1000円也にしてみた。

DSCF0598.JPGDSCF0599.JPG

みんなもそれぞれびつくり系を食っている。テツとケンタロウの嫁に、種子島の冬は寒い?と聞くと、霜が降りたりするし風が強いし思ってるより寒いそうである。しかも家の断熱も貧弱やし手に入る暖房器具もイマイチなので結局寒いんだそうだ。

DSCF0601.JPG

午後からも一人滑り。

DSCF0602.JPG

一人休憩。

ヨッシーは昔から、「午前中の人」、と呼ばれている。午前は元気があってそれなりにスイスイ滑れたりするのだが、午後からはボロボロにコケまくることが多いから。今日も午前の人であったと、言い切ることが出来るだろう。

種子島組なんかは滅多にスノボできないから、営業終了の5時までキッチリ滑ると言っているがヨッシーは4時に早じまいする。

戸河内インターから直行で広島に行くバスは3時59分発だからすでに乗り遅れているが、直行でないバスはまだあるからそっちで帰ることにしよう。

ランドアースマイクロバスで、戸河内インターまで送ってもらう。

DSCF0603.JPG

6時半にバス停に着き、時刻表を見たら7時23分発のJR可部駅行きがある。じゃあなと別れを言って九州組を見送る。彼らはこれから高速を走り、たぶん夜中に人吉まで帰り着き、ガイドハウスで仮眠してから、またマサミの運転するバスで鹿児島港まで送ってもらい、午前10時20分の高速船に乗って種子島まで帰るんである。元気なのである。

バスの待ち時間で、シゲおすすめの鳥焼きを買いに行く。店の前に行列が出来ているやないか!スキー帰りの車があふれるくらい停まっている。こりゃあ売り切れかな?と思いながらも、おっちゃんに「ひとつあるかな?」、と声をかけたらラッキーなことにひとつだけ焼きたてのが残ってた。300円也。

DSCF0604.JPG

どや、大きいやろ。

DSCF0609.JPG

顔と比べたらわかるか?コンビニで買ってきた発泡酒と一緒にむさぼり食った。

DSCF0611.JPG

あとは待合室で時間つぶし。

DSCF0613.JPG

バスはヨッシー貸し切り状態。可部駅までの1時間の間に、ヨッシー以外に乗り降りしたのは女子高生一人だけであった。まさに貸し切り。840円払って下車。

DSCF0614.JPG

ここからはJRで広島駅まで出るのだ。可部駅は可部線の終着駅なので、広島方面からの列車が折り返して運行している。

DSCF0616.JPG

9時ちょうどの汽車に乗れた。

DSCF0620.JPG

本来乗るつもりだった直行バスなら、戸河内から1時間くらいで広島駅まで戻れたので、夜行バスの出発までの時間で広島焼きとか牡蠣とか楽しめるかな?と目論んでいたがこれでは9時半頃到着になってしまう。

DSCF0623.JPGDSCF0621.JPG

事前にブログコメント常連のかづさんから教えてもらっていた駅構内のお好み焼き、みっちゃんはすでに閉まっていた。

DSCF0625.JPG

しかたないのですき屋に入る。ネギ玉牛丼+味噌汁=450円也。

DSCF0627.JPG

帰りのバスは10時半に出発。スノーボードは問題なく持ち込めた。例によってバスが最初の信号を曲がる頃には眠りに入る。

走行 0キロ 出費 6525円 (おでん、発泡酒、路線バス、JR、高速バス、すき屋)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ジャストギビングのチャレンジ、始めました [番外]

引用

JustGivingは、2001年英国にて、2人の女性、Zarine KharasとAnne-Marie Hubyにより設立されました。
ファンドレイザーにとって、そしてNPO等非営利団体にとって、使いやすく、便利なサービス提供を、設立当初より心がけています。
サービス開始当初から数えて、世界でのべ1200万人が利用、980億円(7億ポンド)の寄付が集まっており、インターネット時代のファンドレイジング・ツールとして確固たる地位を築いています。

なんかこないだテレビで見たし、この際自転車旅と募金をリンクさせることにした。みんなも手伝ってな。

ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅のチャレンジ

上記のリンクでお願いな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

介助日記? オソラカンでスノーボードじゃっ [介助日記?]

2011年2月19日 土曜日 468日目

空気マクラが無かったせいもあるが、いつもよりは眠りの浅いバス移動でござった。午前7時に広島市内の中筋駅バスターミナルで下車する。

DSCF0540.JPG

ターミナルで乗車予定のバス時刻を確認しておいてから、事前にチェックしておいた最寄りのマクドナルドまで徒歩で移動する。

DSCF0541.JPG

10時15分のバスまで3時間待ちなので、マックでジーッとするのが一番よい。

DSCF0542.JPG

奮発して朝マックをいただく。コンビで200円也。

備え付けの新聞など読みながらじっくりと朝の時間を過ごす。天気はいいが朝のうちはまだ気温が低い。

DSCF0543.JPG

10時頃にまたターミナルに戻ってバスを待つ。

DSCF0544.JPG

定刻に現れたバスに乗車。高速道路を経由して戸河内まで走るのだ。

DSCF0545.JPG

またまた定刻通り、戸河内ICバス停に到着する。バス停には道の駅やJAの建物とかが隣接しているので、ランドアースの迎えが来るまで過ごす場所はいくらでもある。1時に迎えに行く、とシゲに言われているが実際は何時になるかわからんな。時間が押しがちになるのはシゲの常なので当てにはしていない。

DSCF0546.JPG

帰りのバスの時間はいちおう15時59分である。

DSCF0547.JPG

シゲおすすめの弁当屋さん。ここは店頭で鶏肉を炭火で串焼きにしているのだ。これは帰りがけに食うことにして、まずは道の駅に入ってみる。

DSCF0548.JPG

案内板には積雪情報が200とか220センチとか書かれている。関西で200センチ超えるなんて滅多にないからビックリだ。

DSCF0549.JPG

物産コーナーで気になった、かまどん羽釜セット。おいしそうなご飯が炊けそうである。

DSCF0550.JPG

再び弁当屋に戻り、おにぎりを買って無料の豚汁をいただいた。かなりに込まれている。

DSCF0551.JPG

隣にあるセブンイレブンで発泡酒も買って、道の駅の休憩所で腹ごしらえしておく。

そこにシゲからメール。「イマドコ?」との問いに、

「スマン、遅れてて今まだ九州よ。待っとってくだい」。

やっぱし。今11時半やから、そのペースやと到着は3時半から4時かな?と読む。

DSCF0552.JPG

時間もてあまし気味なので、徒歩圏にあるホームセンターを見学に行く。田舎のはたまにおもしろいものが置いてあって楽しめるのよねえ。早速見つけたのは薪ストーブである。燃えさかる火をイメージした赤いリボンが愛らしいなあ。がっしりした作りで23800円なら安くない?

DSCF0553.JPG

隣に二つ、ブリキの薪ストーブもある。3980円やて。お手軽な価格ではないか。いつかどこかで田舎暮らしとかすることがあれば、ひとつ買い求めてみたいものじゃ。

DSCF0554.JPGDSCF0555.JPG

さらに足を伸ばして川沿いを歩く。かなり水位が高いので、すでに雪解けが入っているんだろうな。ラフティングには浅いがカヌーならおもしろそうである。

DSCF0556.JPGDSCF0557.JPG

橋のたもとにでたら、喫茶店発見。ガラス越しに中を透かしてみれば、マンガなどが並ぶ本棚が見えた。こりゃええ。あとはここで時間をつぶそう。

道の駅に置きっぱなしのボードとかを取ってきて入店。コーヒー350円。ひたすらマンガを読んだおかげか、気がついたら横にシゲが立っていた。外にはランドアースのマイクロバスが止まっている。4時到着。ヨッシーは11時から戸河内にいたから、5時間待ちであった。やれやれ。

DSCF0558.JPGDSCF0559.JPGDSCF0560.JPG

スタッフの誰を一緒に連れてくるのか聞いていなかったが、バスの中にはなんと種子島のシーカヤックガイド手伝い兼サーフィンイントラであるテツとケンタロウの2家族と、本社ガイドのマサミとリュウジ、ショップ部門の新入店員レイが乗っている。ヨッシーを入れて、総勢11人の大所帯である。

DSCF0561.JPGDSCF0562.JPGDSCF0563.JPGDSCF0564.JPG

まずは手近のめがひらスキー場に移動して滑走準備にかかる。この時点で午後4時半なのだが、ここはナイターがあるのでいまからでもそこそこ滑れるのだ。

DSCF0565.JPGDSCF0566.JPGDSCF0568.JPG

センターハウスでリフト券ゲット。センサーでピッと開くオートゲート式。そして3時間券を買ってもらう。

DSCF0569.JPGDSCF0570.JPG

雪あるや~ん。でも気温は高く、雪質も水っぽい感じがする。さあ2年ぶりやけどちゃんと滑り方覚えているやろうか?

DSCF0571.JPG

覚えてた!写真はヨッシーではなくてガイドのマサミ。腕前はヨッシーと同じくらいウマい。

DSCF0573.JPGDSCF0574.JPG

ナイター営業になり、リフト上でシゲとかと合流。写真の建物奥に半分隠れるように立ちションしているのは、大きな声で言いますけど九州の老舗ラフティング会社の社長のS.Sくんでえす。ちなみに「立ち小便禁止」の看板有り。

DSCF0575.JPG

7時まで滑ってバスに戻り、軽く着替えてから温泉にいくう。ところが最初に訪れたところはすでに外来入浴は終了~。この行き当たりばったり加減がさすがである。

オソラカンエリアの温泉はほぼ全滅。7時とか7時半で終了するとは、やる気あんのかい!とシゲは怒っている。シゲが、地元で働いているランドアーススタッフに電話して聞いたら、高速道路で走れば遅くまであいている温泉があるとわかり、マクロバスでぶっ飛ばす。

DSCF0581.JPG

写真だけ見たら新幹線並みの速度に見えるが、実際は100キロくらいしかでてない。おんぼろマイクロバスやからね。

DSCF0582.JPG

8時50分、教えられたでゆでゆに到着。腹へった~。同じ敷地内に回転寿司もある。晩飯は全員一致でそのローリングズシに決定。

じゃあ先に温泉に~、とシゲが言っておるがチョトマテ~~。いい時間になっているからそれぞれ閉店時間を聞いてからの方がいいんちゃう?それでもすでに何人かは温泉の建物に入って行くやんか。もう!とか言いながらヨッシーが走って寿司屋に閉店時間を聞く。9時半オーダーストーップ、やないかぁ。ホレミレ。

また走って温泉で閉館時間を聞くと22時半まで入館できます。ほな先に寿司やろー。はあ~よかった。下手したら今夜メシ抜きになるとこやったわい。

大勢で、しかもテツとケンタロウは子供連れやし、こういうときは回転寿司が一番いい。席に着いたらすぐに食い始められるからね。

DSCF0583.JPGDSCF0584.JPGDSCF0587.JPG

ゴチになりやす!とシゲに宣言してからがんがん食う。例によってハマチ好きのヨッシーは2皿食った。3皿目頼もうと思ったら、品切れになった。残念。

DSCF0585.JPGDSCF0586.JPG

これはスカイツリーではない。だが気持ちいいくらい皿が積んであるやろう。みんなよく食うなあ。若いなあ。

DSCF0588.JPG

精算の時伝票を見せてもらったら、11人(子供2人含む)で135品食っていた。参ったか。

温泉でたらもう11時前くらいになっている。昨夜からバス移動のヨッシーだからもう眠くてたまらん。ここからさらにまたオソラカンまで戻り、スキー場の無料仮眠室で雑魚寝するのだ。

運転手役のマサミは寿司屋でビールも我慢し、夜中の1時までかかってやっと仮眠所前までマイクロを転がしてくれた。サンキュウ~。

家族参加組はすぐに寝に入ったが、やっと飲酒できるマサミにつきあってバスの中でしばらく酒盛りする。2時にたまらん眠くなってお先に失礼した。長い一日やったわ~。

走行 0キロ 出費 2088円 (バス賃、水、弁当、マック、発泡酒、お菓子、アイス)

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

介助日記? 広島に向かって発進! [介助日記?]

2011年2月18日 金曜日 467日目

いつものように午後7時半まで店番して、家でご飯食べてから午後10時半にスノボ荷物を担いで電車に乗る。

DSCF0537.JPGDSCF0536.JPG

早めについたので、駅構内の緑の窓口カウンターを立ち飲み屋カウンターに見立てて一人ビール飲みする。

DSCF0538.JPG

集合場所の梅田スカイビル前に23時半に移動。

DSCF0539.JPG

ちょうど満月かな?スカイビルのガラス壁面に月が映り込んで、双子のフルムーンに見える。

バスに乗り込む際、ちょっと、ちょっとちょっとトラブル。事前に電話までかけて確認済みやったのに、運転手がヨッシーのボードを見て、

「ホントはボードは持ち込みできないんですよ。今回は乗せますけど、帰りの運転手がまた乗せてくれるかはわからないですよ~」、とぬかしよる。会社の案内と現場の対応がズレてる。もちろんヨッシーは、「それはおかしいやろう。ネットにも持ち込み可で案内してある上に電話で確認してあるんやで」、ひとこと言っておく。

結果的に乗せてはもらえるけど、何となくスッキリせん。

スッキリはせんがバスはヨッシーの思いなどと関係なく定時24時に出発した。久々の夜行バスなのだ。ヨッシーは夜行バスが得意なのだ。つまりぐっすり寝られるってことだな。だいたいバスが走り始めて最初の信号を曲がったあたりで寝に入り記憶がなくなる。

そして次に気がつくのは到着間際の車内アナウンスで目覚めるって具合なのだ。しかし今夜はスッキリしてないからか、寝付きが悪い。しかも、愛用の空気枕を忘れてきてしまった。首の回りに巻くように付ける、馬蹄形っぽいやつである。アレをしてると翌日朝の首が楽なのだ。2時頃かな?やっと眠りにつく。

走行 0キロ 出費 4843円 (バス、電車賃 、発泡酒、するめ)

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

介助日記? ジュンク堂@大阪 [介助日記?]

2011年2月17日 木曜日 466日目

例によって本屋は定休日なので、午後からオカンと大阪に出ることになる。日本一大きい本屋さんとして最近オープンしたジュンク堂に行ってみたいというリクエストなのである。

店舗兼住宅である実家は、JR甲子園口駅まで徒歩2分の立地。JR神戸線に乗ってしまえば、大阪駅まで15分と近い。

DSCF0525.JPG

JR大阪駅は最近リニューアルが完成に近づいていて、ホームの上に商業施設がオープン予定なのである。

DSCF0526.JPG

大阪駅の改札を出て横断歩道から見上げると、こちらもリニューアルされた阪急百貨店が。

DSCF0528.JPG

ジュンク堂は茶屋町にある。目印はロフトなので探しやすい。

DSCF0529.JPGDSCF0530.JPG

そうか、このビルがジュンク堂か。なるほどデカいわい。

DSCF0533.JPG

吹き抜け部分を撮った写真が、よく雑誌や新聞に載っている。

DSCF0532.JPG

本だけではなく、神戸の老舗ナガサワ文具店も入っている。ナガサワ文具店、というとヨッシーは思い出すのである。学生の頃数回だけ参加した合コンのひとつで、確かこのお店のお嬢さんと一緒になったことがある。もうどんな人だったかとかは覚えてないけど、そこだけ印象に残っているのだ。なんとなく甘酸っぱいの~~。

DSCF0531.JPG

そこで見つけた消せるボード?なんて呼んだらええのやろう?指とかの先でボード面をなぞると時や絵が描けて、消すときはボタンを押すとまた真っ白?真っ黒?になる。昔からこんな商品はあったけど、それはアナログに手でレバーをギューッと移動させたら消えるタイプ。それが電子的?にボタン一発で消せるのが新しい。そんだけのことと言えばそれまでやけど、どんな仕組みで消えるのか興味をそそられる。

DSCF0535.JPG

フロアを見て回り、また大阪駅まで歩いて帰る。ゴロゴロのついたトランクを杖代わりにして押せば、安心して歩けるようである。

明日の夜からスノボなので、どこに行ったかわからないスノボ用品を探し回る。

走行 0円 出費 0円

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

介助日記? バス予約完了 [介助日記?]

2011年2月16日 水曜日 465日目

一晩寝て考えたが進展なし。それはぐっすり寝ていたからであることは明白。ひとまず駅前のチケット屋にいって新幹線の切符を見てみる。

広島まで片道9300円!ヨッシーにはかなり高い。広島駅からスキー場までの往復バスも含めると、2万2000円以上かかってしまう。新幹線却下。

やっぱスノボはやめとこうか?と半分あきらめ気味になった。

でも考えたらボードを現地で借りればいいのではないか?ボード無しなら高速バスも乗れるし。しかしレンタルは2500円くらいかかるし、できたら安くあげたい。そこでシゲにメールして、ランドアースに貸し出し用のボードあるか聞いたらアル~!良し、ボードツアー参加決定!

すぐさまネットで格安バスを予約した。その際あらためて集合場所とか持ち込み荷物の注意を読んでみたら、バスによってはボード持ち込みOKとなっている!早速バス予約会社に電話して確認すると、ヨッシーの乗る予定のバスには往復とも持ち込み可であることが判明。

まず夜行バスなので、出発は2月18日金曜日の夜24時に大阪駅近くの指定駐車場。

翌19日、午前7時15分に広島市内のバスセンター着。

10時15分発の広島電鉄バス乗車。

11時、中国道・戸河内(とごうち)ICバス停到着。

ランドアースの面々は午後1時頃に戸河内インターチェンジに到着&合流予定。

現地一泊して、帰りは翌日の20日22時30分出発の高速バス乗車。

JR大阪駅に21日の5時20分帰着予定。

こんな感じに仕上がった。ちなみにバス代は往路が4300円、復路が3900円である。ネットで往復予約すると100円引いてもらえるから、合計差し引き8100円となる。

戸河内までの片道路線バス代は1160円。帰りのバスはまだ未定なのだが似たような運賃やろう。交通費のみで11000円の出費だけど新幹線とか使うのに比べたら半額くらいやから許容範囲や。ボードも自分の持って行けるから、レンタル料もいらなくなった。

部屋の隅にしまい込んであるボードとか靴とか掘り出して、それなりに少し準備しておく。

走行 0キロ 出費 0円

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

介助日記? スノーボードする? [介助日記?]

2011年2月15日 火曜日 464日目

お~う。ひたすら店番の日々。しかしオカンの調子もまあまあ良くなってきたし、自分のことは自分で出来るようになってきたからそろそろ旅を再開できそうなのである。しかし今週は天気があまり良くない。出発は来週以降になりそうである。

そんな心づもりでおったら、熊本の老舗ラフティング会社、ランドアースの社長シゲから電話有り。この週末広島県の恐羅漢(おそらかん)スキー場に社員研修旅行で来るから、西宮からなんとかして広島まで出てこんかね?とのお誘いである。ヨッシーも社員同様、メシ酒リフト券つきにしてくれるのである。

去年の冬は沖縄にいたからスキーもスノボもできず、雪山に行くのは2年ぶりであるし、せっかくのお誘いなので鋭意検討することにした。どうやって広島まで行くか調べると、

JRで青春18切符を使うとか?高速バス?とかヒッチハイク?とかぐるぐる考えた。

18切符は使用期間内ではないので却下。

ヒッチハイクは到着時刻が読めないし、ボードを担いでヒッチハイクは乗せてくれる車が限定されるから却下。(一番安いけどね)

やっぱ高速バスか。しかしみなさん。大阪とか神戸から西方面に行くスキーバスツアーはホボ無いのである。

広島まで行くのなら、福井信州に行ったほうが雪も多いし雪質もいいんだから。

だから一般の高速バスを利用することになる。ネットで探したバス会社に電話で問い合わせたら、ボードは積めないと言われて万事休すか?

一晩寝て考えることにする。

走行 0キロ 出費 105円 (お菓子)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。